深田のお米

千葉県産新米コシヒカリの白米や玄米、胚芽米等の通販|自然派ふ~み 深田のお米

 

home»  米の特徴と栄養価について

お米のそれぞれの特徴と栄養価について

 

白米の特徴と栄養価

白米

白米のご購入はこちら↓

 

白米とは?

白米とは、玄米を精米(精白)した米のこと。精米、精白米ともいう。

白米の特徴

白米を炊いたご飯は、消化も食感も良く旨い。味が淡白で主食として副食料理に合う。

「美味しいご飯があれば、おかずはいらない」という人もいる。
 

深田のお米コシヒカリ(白米)5kg

深田のお米コシヒカリ(白米)10kg

胚芽米の特徴と栄養価

胚芽米

胚芽米のご購入はこちら↓

胚芽米とは?
胚芽米とは、玄米と白米の間のお米で、粒の先にある黄色い栄養のある芽が出る胚芽を残した米。

胚芽米の特徴

胚芽米は白米と比べると、ビタミンB1が2~3倍や、ビタミンEが10倍など、栄養が豊富に含まれている。玄米は少し苦手いう方に、白米より栄養があり、玄米より食べやすいと健康を気にしておられる方に人気がある。

胚芽米を炊くときは白米のようにゴシゴシ洗ってしまうと胚芽が落ちてしまうので、かき混ぜて水を捨てるのを数回し白米より多めの水で炊くと美味しい。

深田のお米コシヒカリ(胚芽米)5kg

深田のお米コシヒカリ(胚芽米)10kg

玄米の特徴と栄養価

玄米

玄米ご購入はこちら↓

<玄米とは?
玄米とは、稲の一番外側の米の籾殻(もみがら)だけを除去したもの。

玄米の特徴

米の栄養価のほとんどは、外皮・ぬか・胚芽にある。玄米は特にビタミンB1は精白米の4倍以上もある。食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍、ビタミンB2は2倍。

外皮に多いフィチン酸は有害物質を体外に出す働きがあると言われている。

深田のお米コシヒカリ(玄米)5kg

深田のお米コシヒカリ(玄米)10kg

深田のお米コシヒカリ(玄米)30kg

栄養素について

フリーページ画像4

 

 

 

ビタミンB1とは?

ビタミンB1は代謝を促進し、疲労回復や脳を活性化させる働きがある。

 

ビタミンB2とは?

ビタミンB2は、「皮膚や粘膜のビタミン」「エネルギー代謝のビタミン」と呼ばれている。

体内で補酵素として働き、摂取した脂質を効率よくエネルギーに変えるエネルギー代謝のほか、多くの物質代謝に関わっている。

ビタミンAとともに、呼吸、消化、循環系の粘膜の健康を保ち、目・皮膚の働きを正常にし、体の健全な発育を促進する。

ビタミンB2が不足すると、肌が荒れる・ニキビ・口内炎・目の充血などの症状を引き起こす。

 

ビタミンEとは?

ビタミンEは、抗酸化作用が非常に強く、若返りのビタミンと呼ばれている。

活性酸素を分解し、動脈硬化などの原因となる過酸化脂質生成を防げる。不足すると、お肌のトラブルや血行不良により、冷え性・肩こり・頭痛などが起こる。

 

食物繊維とは?

食物繊維は、有害な物質を体外に排出して、便秘を防ぎ、大腸がんなどを予防する。

高血圧症やコレステロールの低下など、成人病の予防もする。

 

カルシウムとは?

食事で摂取したカルシウムは、小腸で吸収されて血液中に入る。

血液中のカルシウムは、心筋・筋肉の収縮・血液凝固・ホルモンの細胞内の情報伝達・酵素反応・ホルモンや神経伝達物質放出などに使われ、残った分が骨や歯に蓄えられる。

カルシウムは骨や歯を形成するために欠かせない栄養素。骨や歯を強化する以外にも様々な役割があるので、カルシウムは食事から十分に摂取する必要がある。

 

以上のように、お米にはたくさんの栄養素が含まれています!

毎日ご飯を食べて、生き生き元気に過ごしましょう!